起業者必見!効率の良い資金調達はサポートサービスを使うのが吉!

クラウドファンディングを使って融資を受ける

クラウドのメリット・デメリット

個人から法人まで多くの方が気軽に融資を集えるクラウドファンディングは、まだ新しいサービスだと言うのに多くの人で賑わっています。話題という事はそれだけ人が見ている事に繋がるので、手っ取り早く資金を集めたい方におすすめです。
クラウドファンディングのメリットは資金調達から受け取りまでがスピーディである事、自分で融資額を決められるので自由度が高い点です。
反対にデメリットは必ず融資を受けられるとは限らない点、そして融資のスピードにバラつきがある点です。またネット上に事業情報を展開しなければいけないので、そこからアイディアを盗まれる可能性もあります。
融資を受けたら何らかの形で、出資者にお礼を返さなければなりません。

クラウドファンディング利用の流れ

サービスを使うにはまず登録が必要です。クラウドファンディングを提供している企業に登録する事が始めのステップです。
登録が終えたらさっそく事業計画を展開し、どんなサービスを提供しているのかを紹介します。後は期限を決めるだけで良いので、近年ではアイドルが整形手術をするのに融資を集ったり、個人事業主が少額融資を受けるのに使用したりしています。
これらにアクセスし、共感した方が融資をしてくれるので時には長い時間が必要です。無事、目標金額に達成した後はサイトを通じて融資金額は支払われます。
この時に手数料を引かれるので、事前にそのマージンを確認しておきましょう。クラウドファンディングもまだ新しいサービスですが、その意外性は多くの方から反響を得ています。


TOPへ戻る