起業者必見!効率の良い資金調達はサポートサービスを使うのが吉!

起業について

投資家やベンチャー企業から融資を受ける

個人投資家や企業へプレゼンして、融資を集う方法をエンジェル投資といいます。海外ではポピュラーな方法ですが、日本ではまだまだ遅れをとっています。
この方法の最大のメリットは返済が不要という点です。公庫や個人から融資を受けた場合は返済の義務があり、それを滞るとペナルティが与えられるケースもあります。
同じ様にベンチャーキャピタルといって、これから芽が出そうな企業に投資をしてくれるサービスがあり、それに登録する事で融資を受けられます。
ちなみにこれらの方法を使う場合は、自社がどれだけ優れているのか、そしてユニークなサービスを提供する事をアピールする必要があります。その上で投資家や企業のおめがねに叶った時のみ、融資を受けられます。

プレゼンが必須

当然ですが、自社が優れているポイントを投資家達にプレゼンしその上で選んでもらうのでかなりハードルが高いといっても良いです。表立って主張しない日本人にはこの部分がネックになっている可能性があります。またこの融資サービスは事前に投資家を探したり、サービス登録が必要だったりするので、今すぐに融資が必要と言う場合には向いていないケースもあります。
しかも日本では投資家と起業家を結びつけるサービス自体も数少なく、コネが無い限りはすぐに見つけるのが難しい状態です。
今後、このサービスがどうなっていくかによって開業資金調達サポートがより身近になるかが決まります。投資家は日本人とは限らないので、最低でも英語でもプレゼンが出来るスキルが必要です。


TOPへ戻る