失敗しないリフォームのために

>

リフォームをしようと決めた目的は…

一部分のリフォーム方法とは

一部分のリフォームの場合は、基本的には短期間で済む場合が多いです。

例えば、風呂場のリフォームの場合は、前もって決まった区画、様式があり、古い部分を取り除き、新しいものをはめ込んでいく形なので想像しているよりあっと言う間に終わったという声をよく聞きます。
洗面所やトイレに関しては、結構想像できますよね。
水回りの工事では一定期間、家全体の水道が使えなくなるので、その点の注意は必要です。

畳の部屋をフローリングにする場合、家具を前もって動かさないといけないので、業者に頼む場合はその辺も確認が必要です。
自分で動かす事が出来ない場合は、引っ越し業者や意外とリサイクルショップなどに頼むと家具移動などをしてもらえます。

大部分のリフォーム方法とは

大部分のリフォームの場合は、長期間かかる場合が多いです。

例えば、中古物件をリフォームする場合、基礎だけ残して他はすべて壊して作り替えていく方法や、壁紙やクロス、床板などを交換していく場合とがあります。
基礎だけ残して作り替える場合はほぼ新築と変わらない為、かなりの時間を要します。
壁紙やクロス、床板などを交換していく場合は一部屋づつ施工することが可能なので日常生活を行いながらすることができます。

バリアフリーにする場合は、家全体をするのか、一部分のみにするのかなど話し合いが必要になります。
よく聞くのが、一部分にした場合、バリアフリーの習慣がついてしまい、改修していないところでつまずいて転倒したという話です。
そういうことにならないように気を付けたいですね。