失敗しないリフォームのために

依頼する前にしっかりチェックしておきたいリフォーム事例

リフォームをしようと決めた目的は…

今、日本は不景気社会と言われています。 物が壊れた、使えなくなったと言いすぐに捨てて新しい物に買い替えが出来ればいいのですが、そうは言えない世の中になっています。 少しでも長く、そして大切に使うというのが社会にも環境にもいい事です。 それはリフォームでも同じこと。 多様なリフォームがあるので見てみましょう。

リフォームの種類は様々

新築の物件を買ってリフォームとなる方はいないでしょう。
リフォームをしようとするにはそれなりの理由があると思います。

・長年暮らしていたら至る所にガタが来てしまった。
・中古物件を購入し、リノベーションを考えている。
・介護のためにバリアフリーが必要。
そんなきっかけにはどんなのがあるか考えてみましょう。

あなたはどれに当てはまりますか?

また、リフォームのきっかけになった事は何ですか?
・床が通るたびに音がする。
・壁紙がはがれてきた。
・シロアリに侵されてきた。
・住宅を中古で購入し、自分なりにアレンジしたい。
・家族が増えたので部屋を増築したい。
・足腰が弱くなりでバリアフリーにしたい。
・畳からフローリングにしたい。
・宝くじが当たった。
…などなど。

考えだしたらきりがありませんよね。
目的は様々あっても、最終定期には快適生活になるのでリフォームはいいこと尽くしですね。

しかし、気を付けないといけないのはリフォーム詐欺。
突然家のインターフォンがなり、家の点検と称しあがり込み悪くないところを悪いと言って高額なリフォーム代金をせしめる手口です。
もしもそれでリフォームを考えている方は一度立ち止まって考えなおしてみてください。
また、悪徳リフォーム業者ではなく親身になってくれる業者さんもいますから見極めが必要ですね。

そしてリフォームといっても家だけではありません。
・庭のリフォーム
・自転車、車のリフォーム
・服のリフォーム
・着物のリフォーム
…などなど

色んなリフォームがありますが今回は家に焦点をあてて考えたいと思います。

施工業者からDIYまで

いざリフォームをしようとしたとき、あなたはどういった方法で施工していきますか? ・建築業者に頼む。 ・リフォーム業者に頼む。 ・自分で造る。 それぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。 そして自分にとって最適な方法を探していきましょう。

どれくらいの費用がかかるのか

リフォームする費用とはいったいどれくらい必要なのでしょうか? もちろんする内容や広さ、使う材料などによっても変わってくると思います。 見積もりを取って決めることが大事ですが、その前にどれくらいの費用が必要なのか知っておくのも良いのではないでしょうか。